芸能人・経営者のおくやみ情報

清浦奎吾(きようらけいご)

政治家、内閣総理大臣、伯爵[日本]

1942年 11月5日 死去享年93歳

清浦奎吾 - ウィキペディアより引用

清浦 奎吾(きようら けいご、1850年3月27日(嘉永3年2月14日) - 1942年(昭和17年)11月5日)は、日本の司法官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
爵位は伯爵。
幼名は普寂(ふじゃく)。
旧姓は大久保(おおくぼ)。
貴族院議員、司法大臣、農商務大臣、内務大臣、枢密顧問官、枢密院副議長、枢密院議長、内閣総理大臣などを歴任した。
肥後(熊本県)出身。
司法官僚を経験後、貴族院議員となり司法大臣、農商務大臣、枢密院議長を歴任。
1924年(大正13年)に組閣したが、ほぼ全閣僚を貴族院議員から選んだため(超然内閣)、護憲三派が激しく非難。
わずか5か月で総辞職した。
清浦首相時代は、大正デモクラシーが最も高揚した時代でもあった。
生涯 生い立ち 清浦奎吾は嘉永3年(1850年)2月14日、肥後国鹿本郡来民村(現・山鹿市)の明照寺住職・大久保了思の五男に生まれ、後に清浦の姓を名乗った。

官僚、政治家、元内閣総理大臣 嘉永3年2月14日(1850年3月27日)生まれ。1942年(昭和17年)11月5日、死去。93歳だった。 (肥後)熊本県出身。 内務官僚として山県有朋に信任され、明治24年、貴族院議員。 法務大臣、農商務大臣、枢密顧問官などを歴任した。 大正13年、貴族院を母体に超然内閣を組織するが、総選挙で護憲三派に敗れ、5ヵ月で総辞職した。 (引用元 Hatena Keyword)