訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

寺内正毅(てらうちまさたけ)

政治家、内閣総理大臣、韓国統監、元帥陸軍大将、伯爵[日本]

1919年 11月3日 死去心臓肥大、糖尿病享年67歳

寺内正毅 - ウィキペディアより引用
寺内 正毅(てらうち まさたけ、旧字体: 寺內 正毅、嘉永5年2月5日(1852年2月24日) - 大正8年(1919年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。
階級位階勲等功級爵位は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵。
書の雅号は桜圃、魯庵。
「ビリケン宰相」の異名を持つ。
陸軍大臣(第15・16・17代)、外務大臣(第22・31代)、韓国統監(第3代)、朝鮮総督(初代)、内閣総理大臣(第18代)、大蔵大臣(第22代)などを歴任した。
明治から大正にかけて陸軍軍人として活躍し、第1次桂内閣では児玉源太郎の後任として陸軍大臣に就任した。
以来、第1次西園寺内閣や第2次桂内閣でも陸軍大臣を務めた。
その後、曾禰荒助の後任として韓国統監に就任し、日本への併合を推し進めた。
韓国併合後は朝鮮総督に就任した。
のちに内地に帰還すると、寺内内閣を発足させ、内閣総理大臣を務めるとともに、外務大臣や大蔵大臣といった国務大臣を兼任した。
なお、元帥府に列せられていることから、階級を呼称する際には元帥の称号を冠して「元帥陸軍大将」と称される。