訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

山本権兵衛(やまもとごんべえ)

薩摩藩士政治家、内閣総理大臣海軍大将、伯爵[日本]

1933年 12月8日 死去前立腺肥大症享年81歳

山本権兵衛 - ウィキペディアより引用
山本 権兵衛(やまもと ごんのひょうえ、旧字体: 山本 權兵衞、1852年11月26日(嘉永5年10月15日) - 1933年(昭和8年)12月8日)は、日本の武士、海軍軍人、政治家。
階級・位階・勲等・功級・爵位は海軍大将従一位大勲位功一級伯爵。
諱は盛武。
出生時より若輩時にかけて使用した本称は「ごんべえ」であるが、進水式で祝詞用に神主がつけた名前であり、宮中でも使用したごんのひょうえが公称である。
海軍大臣(第11・12・13代)、内閣総理大臣(第16・22代)、外務大臣(第37代)などを歴任した。
薩摩藩士を経て海軍軍人となり、第2次山縣内閣では海軍大臣として入閣し、以降、第4次伊藤内閣、第1次桂内閣でも海軍大臣を務め、大臣として日露戦争下の大日本帝国海軍を支えた。
その後、第16および第22代の内閣総理大臣を務めた。
また、第2次山本内閣では外務大臣も務めた。
生涯 生誕から海軍兵学寮卒業まで 薩摩国鹿児島郡の鹿児島城下加治屋町(現・鹿児島市加治屋町)に薩摩藩士で右筆及び槍術師範を務めていた山本五百助盛珉の六男に生まれる(幼名も権兵衛)。