芸能人・経営者のおくやみ情報

竹中正久 氏(たけなかまさひさ)

ヤクザ、四代目山口組組長、竹中組初代組長[日本]

1985年 1月27日 死去射殺享年51歳

竹中 正久(たけなか まさひさ、1933年11月30日 - 1985年1月27日)は、日本のヤクザ。
暴力団・四代目山口組組長。
生涯 兵庫県飾磨郡御国野村(現・姫路市)に生まれる。
祖父が助役、実父が村議会議員を務めた御国野村大字深志野の農家に生まれるが、12歳の時に実父・龍次が死亡し、難関の旧制姫路市立鷺城中学校(現・姫路市立姫路高等学校)を中退。
暴力事件、傷害事件を繰り返し幾度も逮捕されながらも、ヤクザですら一目置く存在となり、1960年(昭和35年)8月に地元の不良を糾合し竹中組を結成した。
その頃、弟・英男に大島組からの盃の話が持ち込まれ、竹中は兄弟分の宇野正三(山口組宇野組組長・宇野加次の息子)に相談した。
宇野が英男に真意を確かめてみると、英男は「兄の竹中正久を一人前にさせたい」と自らの大島組入りを拒否。
これを受けて、宇野から父親を通じて竹中を山口組入りさせる様、三代目山口組若頭・地道行雄に推薦した。
しかし、竹中の山口組入りには、同じ姫路を根城としていた湊組・湊芳治組長と渋谷組・渋谷文男組長が反対した。