芸能人・経営者のおくやみ情報

宅見勝 氏(たくみまさる)

ヤクザ、五代目山口組若頭、宅見組初代組長[日本]

1997年 8月28日 死去射殺享年61歳

宅見 勝(たくみ まさる、1936年6月22日 - 1997年8月28日)は、20世紀に活動した日本のヤクザ。
指定暴力団・五代目山口組若頭。
宅見組組長。
兵庫県神戸市出身。
バブル期を通して金融や不動産などのフロント企業を使い蓄財した2000億円とも言われる豊富な資金を背景に、渡辺芳則を首領に据えた五代目山口組の発足(1989年)に立役者として関与、以後、山口組のナンバー2にあたる若頭として3万6000名を擁する山口組の事実上の仕切り役として活動し、“山口組の金庫番”と呼ばれた。
「山一抗争」(1984年 - 1989年)、「八王子抗争」(1990年)、「山波抗争」(1990年)、および「中野会会長襲撃事件」(1996年)などの各種暴力団抗争や、「山口組五代目跡目問題」(1988年 - 1989年)などに当事者として関与。
1997年に暗殺を受けこの世を去った。
1936年、神戸市生田区出身。
幼少の頃に三重県伊勢市に移住し、少年期のほとんどを当地で過ごした。
中学時代は学力優秀で大阪府立高津高校に進学。
しかし両親が相次い亡くなった事情から学校を中退し知り合いのツテを頼って20歳前後の頃は和歌山県に居住し、那智勝浦漁港の周辺や和歌山市の飲食街でバーのマネージャーをしていた。

「宅見勝」と関連する人物(故人)