芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤一長 氏

政治家、長崎市長[日本]

2007年 9月20日 死去射殺享年61歳

伊藤一長 - ウィキペディアより引用

伊藤 一長(いとう いっちょう、本名の読みは「かずなが」、1945年(昭和20年)8月23日 - 2007年(平成19年)4月18日)は、日本の政治家。
前長崎市長。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
長崎市への原子爆弾投下から2週間後、両親の出身地であり、疎開先の山口県大津郡通村(現在の山口県長門市通地区、青海島に所在)で生まれる。
3年ほどして父の住む長崎市に移住したため、公式には長崎市出身としていた。
長崎県立長崎西高等学校のころより長崎市長を目指し、大学卒業後は長崎市開発公社に就職。
長崎市青年団体協議会会長を務めていた1973年には、約700人の青年が長崎から船で出航し、釜山・那覇市に寄航して交流を深めるという「ながさき若人の船」を実施した。
長崎市議、県議を経て、1995年の長崎市長選挙で自民党の推薦を受け、新人ながらも現職の本島等を破り、長崎市長に初当選。
2003年の長崎市長選では各業界や自民党・公明党からの支援を受けつつも無所属で出馬し、自由党支持や共産党推薦の新人4人を大差で破り、3選を果たした。

日本の政治家。1945年8月23日生まれ。長崎県長崎市出身。早稲田大学政経学部政治学科卒業。 長崎市議会議員を2期、長崎県議会議員を3期務めた後、1995年の長崎市長選挙に立候補して当時現職だった本島等市長を破り初当選。以後連続3期当選。 2007年4月17日4期目を目指す選挙運動中凶弾に倒れ、翌未明死去。享年61歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「伊藤一長」と関連する人物(故人)