芸能人・経営者のおくやみ情報

森有礼(もりありのり)

薩摩藩士政治家、子爵[日本]

1889年 2月12日 死去暗殺享年43歳

森有礼 - ウィキペディアより引用

森 有礼(もり ありのり、正字体:森有禮、弘化4年7月13日(1847年8月23日) - 明治22年(1889年)2月12日)は、日本の武士(薩摩藩士)、外交官、政治家。
初代文部大臣を務めた他、一橋大学を創設し、明六社会長、東京学士会院初代会員を務め、明治六大教育家に数えられる。
正二位子爵。
通称は助五郎、金之丞。
弘化4年(1847年)、薩摩国鹿児島城下春日小路町(現在の鹿児島県鹿児島市春日町)で薩摩藩士・森喜右衛門有恕の五男として生まれた。
兄に横山安武がいる。
安政7年(1860年)頃より造士館で漢学を学び、元治元年(1864年)頃より藩の洋学校である開成所に入学し、英学講義を受講する。
慶応元年(1865年)、五代友厚らとともにイギリスに密航、留学し(薩摩藩第一次英国留学生)、ロンドンで長州五傑と会う。
その後、ロシアを旅行し、さらにローレンス・オリファントの誘いでアメリカにも渡り、オリファントの信奉する新興宗教家トマス・レイク・ハリスの教団と生活をともにし、キリスト教に深い関心を示した。

1847-1889 薩摩藩出身  明治新政府の外交官、初代文部大臣。明六社の結成メンバーの一人。 http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/204.html?c=0 (引用元 Hatena Keyword)