芸能人・経営者のおくやみ情報

近衛文麿(このえふみまろ)

政治家、内閣総理大臣、公爵[日本]

1945年 12月6日 死去服毒自殺享年55歳

近衛文麿 - ウィキペディアより引用

近衞 文麿(このえ ふみまろ、1891年(明治24年)10月12日 - 1945年(昭和20年)12月16日)は、日本の政治家。
栄典は勲一等公爵。
貴族院議員、貴族院副議長(第10代)、貴族院議長(第9代)、内閣総理大臣(第34・38・39代)、外務大臣(第57代)、拓務大臣(第13代)、班列、農林大臣(臨時代理)、司法大臣(第43代)、国務大臣などを歴任した。
五摂家の近衞家の第30代目当主。
後陽成天皇の12世孫にあたる。
父である近衞篤麿は、第7代学習院院長や第3代貴族院議長など活躍していたが、文麿が成人する前に病没した。
父の没後、近衞家を継承し公爵を襲爵、のちに貴族院議員となる。
当初は研究会に所属するが火曜会を結成し、貴族院副議長、貴族院議長などの要職を歴任した。
3度にわたり内閣総理大臣に指名され、第1次近衞内閣、第2次近衞内閣、第3次近衞内閣を率いた。
その際に、外務大臣、拓務大臣、農林大臣、司法大臣などを一時兼務した。
また、平沼内閣では、班列として入閣した。
第1次近衞内閣では、盧溝橋事件に端を発した日中戦争が発生し、北支派兵声明、近衛声明や東亜新秩序などで対応、戦時体制に向けた国家総動員法の施行などを行った。

明治24年(1891年)10月12日〜昭和20年(1945年)12月16日 昭和・戦前期の政治家。 第34、38、39代内閣総理大臣。貴族院議長も務めた 公爵。五摂家筆頭の家柄で外見も優れ、国民に支持が篤かった 日中戦争〜太平洋戦争初期の首相として知られる。開戦を決定し、戦時体制を敷いたものの、戦中は早期和平を常に唱え続けた 戦後、内閣の一員として政治の表舞台に復帰したが、国内からは戦争責任を求める声が強かった 世論に押されたGHQによってA級戦犯として召喚され、召喚期限の前日に荻窪の自宅、荻外荘にて青酸カリを服毒し自殺した (引用元 Hatena Keyword)