各界の有名人・著名人のおくやみ情報を迅速に配信

日  

俳優
俳人
松村組社長
大相撲の元特等床山、床一
テノール歌手
編集者、作家
女優、歌手
元ニッカトー社長
河北新報社社主、元横綱審議委員会委員長
前福島県富岡町長
女優
早稲田大学名誉教授・建築学
ジャズ・ミュージシャン、トランペット奏者
元統合幕僚会議議長、元海将
津軽三味線演奏家
テノール歌手
東京女子医科大学名誉教授・小児科学、日本小児神経学会名誉理事長
「アエラ」初代編集長
元住友ゴム工業社長
直木賞受賞作家

心不全    737名
肝不全    66名
心筋梗塞  153名
脳梗塞    93名
呼吸不全  143名
肺炎     954名
がん     1261名
老衰     349名
自殺     134名
事故     72名
射殺     43名
死刑     82名
10代の物故者   27名
20代の物故者   151名
30代の物故者   233名
40代の物故者   332名
50代の物故者   611名
60代の物故者   1096名
70代の物故者   1713名
80代の物故者   2361名
90代の物故者   1153名

アメリカ人     600名
イギリス人     118名
フランス人     86名
ドイツ人       55名
イタリア人     51名
ロシア人      45名

第101代天皇、正長元年7月20日崩御
戦国時代の伊勢神宮祠官、連歌師、天文18年8月8日没
絵師、安政6年8月3日没
ジャーナリスト
作家
洋画家
作家、エッセイスト

訃報新聞

訃報新聞 > 黒田清輝

黒田清輝

画家政治家、子爵   (日本)

1924年7月15日死去 享年59歳

黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日 (旧暦) 6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)は、鹿児島県鹿児島市出身の洋画家である。
子爵。

1881年に共立学校(現在の開成高校)を卒業後、1884年から1893年まで渡仏。
当初は法律を学ぶことを目的とした留学であったが、パリで画家の山本芳翠や藤雅三、美術商の林忠正に出会い、1886年に画家に転向することを決意し、ラファエル・コランに師事する。

1893年に帰朝すると、美術教育者として活躍する。
1894年には芳翠の生巧館を譲り受け久米桂一郎と共に洋画研究所天真道場を開設し、印象派の影響を取り入れた外光派と呼ばれる作風を確立させ、1896年には明治美術会から独立する形で白馬会を発足させる。
また同年には東京美術学校の西洋画科の発足に際して教員となり、以後の日本洋画の動向を決定付けた。
1909年には洋画家として最初の帝室技芸員に選ばれ、また帝国美術院院長などを歴任した。
貴族院議員。

タイトル
黒田清輝 (新潮日本美術文庫 (27))
著者
黒田 清輝
発売元
新潮社
発売日
1997-09
新品価格
¥ 1,188 より
中古商品
¥ 402 より
タイトル
グレー=シュル=ロワンに架かる橋―黒田清輝・浅井忠とフランス芸術家村
著者
荒屋鋪 透
発売元
ポーラ文化研究所
発売日
2005-09
新品価格
より
中古商品
¥ 3,198 より
タイトル
黒田清輝「智・感・情」 (美術研究作品資料)
著者
発売元
中央公論美術出版
発売日
2002-06
新品価格
より
中古商品
¥ 3,000 より
タイトル
日本の名画〈5〉黒田清輝 (1975年)
著者
井上 靖
発売元
中央公論社
発売日
1975
新品価格
より
中古商品
¥ 1,750 より
タイトル
黒田清輝・藤島武二 (アート・ギャラリー・ジャパン 20世紀日本の美術)
著者
発売元
集英社
発売日
1987-05
新品価格
¥ 3,456 より
中古商品
¥ 1,000 より
タイトル
週刊 日本の美をめぐる 黒田清輝 洋画への挑戦 no.36
著者
発売元
発売日
2003
新品価格
より
中古商品
¥ 748 より
タイトル
裸体画の黎明―黒田清輝と明治のヌード
著者
勅使河原 純
発売元
日本経済新聞社
発売日
1986-03
新品価格
より
中古商品
¥ 3,800 より
タイトル
黒田清輝日記 (第3巻)
著者
黒田 清輝
発売元
中央公論美術出版
発売日
2004-06
新品価格
¥ 4,320 より
中古商品
¥ 22,049 より
タイトル
現代日本美術全集〈16〉浅井忠・黒田清輝 (1974年)
著者
座右宝刊行会
発売元
集英社
発売日
1974
新品価格
より
中古商品
¥ 329 より
タイトル
黒田清輝 (アサヒグラフ別冊)
著者
黒田清輝
発売元
朝日新聞出版
発売日
1989-08
新品価格
より
中古商品
¥ 1,649 より
  • 黒田記念館Homepage

    東京都台東区にある画家・黒田清輝の記念館。展示室や展示作品の紹介、交通アクセスなど。

    www.tobunken.go.jp/kuroda/

  • 黒田清輝作品一覧/油彩・パステル/

    1897年 カンヴァス・油彩 69.0 x 84.7cm 箱根の芦ノ湖と彼岸の山を背景にして涼を... 明治30年夏、黒田は照子夫人を伴って箱根に避暑のため滞在、そのときに描かれたものである。... 黒田清輝作品一覧/油彩・パステル/ 黒田記念館 >> 資料室 >> 黒田清輝作品一覧/油彩・パステル >> 59. ...

    www.tobunken.go.jp/kuroda/archive/k_work/oil/...

  • 黒田清輝 - Wikipedia

    黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)は、日本の洋画家、政治家。位階は従三位。勲等は勲二等。爵位は子爵。通称は新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名では「きよてる」と読むが、画名では「せいき」と読む。東京美術学校教授、帝国美術院院長(第2 ...

    ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E6%B...

  • 黒田清輝展

    近代日本洋画の巨匠、黒田清輝の作品を集めた展示会が17日からから盛岡市の県立美術館で開かれています。この展示会は東京国立博物館が所蔵する黒田清輝の作品を年に一度、地方都市を巡回して紹介するもので県内では初めての開催となります。黒田清輝展は来月29日まで開...

    news.tvi.jp/index_7894485.html

  • 黒田清輝の作品『湖畔』ほか

    黒田清輝は薩摩藩士の家に生まれました。誕生のときから父の兄の養嗣子になることが決められていたようです。養父は、維新後に子爵になり貴族院議員や枢密院顧問官を務めた要人でした。黒田清輝は、十八歳のときにフランスに留学して学び画家修業を決心したそうです。黒田清輝には、東京...

    www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/kaiga/063.html

  • 東京国立博物館 - 展示 日本考古・特別展(平成館) 黒田記念館 黒田清輝...

    黒田記念館 黒田清輝の作品 I 黒田記念館 黒田清輝の作品 I 平成館 企画展示室 2007年4月10日(火) ~ 2007年5月6日(日) 重要文化財 湖畔 黒田清輝筆 明治30年(1897) 樺山愛輔氏寄贈 この特集陳列は、独立行政法人国立博物館と独立行政法人文化財研究所の統合を記念して行うものです。

    www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2...

  • 【幕末から学ぶ現在(いま)】(121)東大教授・山内昌之 黒田清輝

    ... 趣味の絵描きがこうじて本物の画家になった人物といえば、黒田清輝が屈指の例であろう。... 薩摩藩士黒田清兼(きよかね)の子だった清輝は、伯父の黒田清綱(きよつな)(嘉右衛門(かえもん))の養子となる。 明治に活躍する薩摩の若者と同じく、清輝も薩摩の芋づると呼ばれた郷党の...

    sankei.jp.msn.com/life/news/110707/art1107070...

  • 湖畔

    ... 湖畔 黒田清輝 上の画像をクリックすると拡大画像が表示されます 湖畔(1897) 黒田清輝(1866-1924) 油彩, (69.0×84.7 cm) ; 黒田記念館 上品な色香を漂わせた女性が、清涼な青い湖面を背景にたたずむ『湖畔』。 言わずもがな、『近代洋画の父』黒田清輝の代表作です。 ... 黒田清輝』...

    www1.megaegg.ne.jp/~summy/gallery/kohan.html

  • 夏目漱石をとりまく画家 黒田清輝のおちゃめな魅力と底力

    黒田清輝曰ク先日支那公使館へ行つたら公私ノ令嬢が僕二loveシテ居タラシイガ不幸ニシテ言語ガ通ジナイノデ分カラナカツタ、秘密ヲ守ル信用ノ出来ル通弁ガ居ルナラ斡旋シテクレ(夏目漱石『全集第十九巻 日記・断片』166ページ) 黒田清輝が言うには、先日、...

    blog.goo.ne.jp/regenlied78/e/7758dd56a809ab6e...

  • 黒田清輝と浅井忠 130年前の仏留学ってどんな感じ

    ... 黒田清輝(1866~1924)、 ... 驚くことに、グレには 「黒田清輝通り Rue Kuroda」がある ... 「近代洋画の父 黒田清輝 ここに暮らす 」 ... さて、黒田清輝以降、 多くの日本人画家が グレに滞在した ... ところが フランスから帰国した 黒田清輝が 「黒田清輝」の高名は...

    bellano.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-1...

  • このウェブページの先頭へ