訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

黒田清輝

画家政治家、子爵[日本]

1924年7月15日死去享年59歳

黒田清輝 - ウィキペディアより引用
黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日(慶応2年6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)は、日本の洋画家、政治家。
位階は従三位。
勲等は勲二等。
爵位は子爵。
通称は新太郎(しんたろう)。
名の清輝は、本名は「きよてる」だが、画名は「せいき」と読む。
教え子からは「メートル(先生)」(maître)とフランス語で呼ばれた。
東京美術学校教授、帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。
生い立ち 薩摩国鹿児島城下(現鹿児島県鹿児島市)出身。
薩摩藩士黒田清兼の子として生まれ、のちに伯父の子爵黒田清綱(江戸時代の通称は嘉右衛門)の養子となる。
1872年(明治5年)に上京し、平河小学校(現麹町小学校)に入学。
小学校では巌谷小波と友人であった。
卒業後は漢学塾二松學舍(現二松學舍大学)に通う。
1878年、高橋由一の門人・細田季治につき、鉛筆画ならびに水彩画を学ぶ。
上級学校進学を意識し、当時の受験予備校であった共立学校、すぐに築地英学校に転校、その後は東京外国語学校を経て、1884年から1893年まで渡仏。
↓広告です。クリックしても料金は発生しませんので、ご安心ください。

↑ PAGE TOP