訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

楠木正虎

書家[日本]
(慶長元年1月11日歿)
1596年 2月9日 死去享年77歳
楠木正虎 - ウィキペディアより引用
楠木 正虎(くすのき まさとら 永正17年(1520年) - 文禄5年1月11日(1596年2月9日))は、戦国時代から安土桃山時代の人物。
足利義輝、松永久秀、織田信長、豊臣秀吉に仕えた。
生涯 備前大饗氏の出、生国も備前で初名を大饗長左衛門(甚四郎)と言う。
系図上の父は禁闕の変を起こした楠木正秀の子という河内大饗氏の大饗正盛で、その養子に入ったものか楠 長譜(くすのき ちょうあん)と名乗った。
式部卿法印、従四位上河内守。
子に楢村玄正。
松永家、織田家、豊臣家の右筆(書記官)を担当した。
正虎は、書を飯尾常房に学び(飯尾常房は文明17年(1485年)に没しているので、実際にはその弟子筋の人物に学んだと推測される)、世尊寺流の当代一流の書家であった。
楠木正成の子孫と称し、朝廷に正成の朝敵の赦免を嘆願した。
松永久秀の取り成しにより永禄2年(1559年)には正親町天皇の勅免を受けて、晴れて楠木氏を名乗り、楠長諳から楠木正虎と改名した。
天正3年(1575年)には式部卿法印に叙せられ、松井友閑らとともに佐久間信盛の監督官の立場に任じられる。

↑ PAGE TOP