芸能人・経営者のおくやみ情報

鳩山秀夫

法学者政治家[日本]

1946年 1月29日 死去享年63歳

鳩山秀夫 - ウィキペディアより引用

鳩山 秀夫(はとやま ひでお、1884年2月4日 - 1946年1月29日)は、日本の法学者、元衆議院議員。
専門は民法。
東京都出身。
法律家・政治家の鳩山和夫の次男で、のちに首相となった鳩山一郎の弟。
夫人の千代子は東大総長を務めた菊池大麓の次女。
秀夫・千代子夫妻の長男・道夫は一郎の次女・玲子と結婚した。
1908年、東京帝国大学を卒業。
秀夫は、東京高師附属小(現・筑波大附属小)時代から仲の良かった穂積重遠と並んで、大学始まって以来の優秀な成績だったという。
1911年刊行された『優等学生勉強法』には、中学時代には朝4時に起床し2時間、学科の予習をし、朝食をとり登校し帰宅後は参考書や自分が好む本を読み、また1時間運動をしてから8時には必ず就寝した、と書いてある。
一郎より優秀とされ、「賢弟愚兄」と評されたという。
兄は政治家の道に進んだが、秀夫は法律家として身を立てた。
1926年に42歳で東大を退官して弁護士を開業し、1932年の第18回衆議院議員総選挙に旧千葉2区から立憲政友会公認で立候補し当選、1期のみ代議士を務めている。

「鳩山秀夫」と関連する人物(故人)