芸能人・経営者のおくやみ情報

福島正則(ふくしままさのり)

戦国大名、広島藩主[日本]

(寛永元年7月13日没)

1624年 8月26日 死去享年64歳

福島正則 - ウィキペディアより引用

福島 正則(ふくしま まさのり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。
賤ヶ岳の七本槍、七将の一人。
生涯 秀吉の子飼い 永禄4年(1561年)、桶屋を営んだ福島正信(正光)の長男として尾張国海東郡(現在の愛知県あま市)で生まれる。
また星野成政の子で福島正信の養子になったともいわれる。
母が豊臣秀吉の叔母(大政所の姉妹)だったため、その縁から幼少より小姓として秀吉に仕え、天正6年(1578年)に播磨三木城の攻撃で初陣を飾る。
始めの禄高は200石であった。
天正10年(1582年)の山崎の戦いでは、勝龍寺城を攻撃するなどして軍功をあげ、300石を加増されて500石となった。
天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いのときは一番槍・一番首として敵将・拝郷家嘉を討ち取るという大功を立てて賞され、賤ヶ岳の七本槍の中でも突出して5,000石を与えられた(他の6人は3,000石)。

安土桃山・江戸前期の武将。尾張生。福島市兵衛正信の長男。幼名は市松、通称は左衛門大夫、号は高斎、法号は海福寺月翁正印大居士。幼時より秀吉に仕え、山崎の戦、賤ヶ岳の戦等において数々の軍功を挙げ尾張清洲城主となる。関ヶ原の戦では東軍に属して戦い、家康より安芸・備後二カ国を与えられ広島城主となるが、元和5年(1619)、広島城無断修築の咎により信濃高井郡高井野邑に蟄居。寛永元年(1624)歿、64才。 (引用元 コトバンク)