芸能人・経営者のおくやみ情報

円谷幸吉 氏(つぶらやこうきち)

マラソン選手[日本]

1968年 1月9日 死去自殺享年27歳

円谷幸吉 - ウィキペディアより引用

円谷 幸吉(つぶらや こうきち、本名:つむらや こうきち、1940年(昭和15年)5月13日 - 1968年(昭和43年)1月9日)は日本の陸上競技(長距離走・マラソン)選手、陸上自衛官。
福島県岩瀬郡須賀川町(現・須賀川市)出身。
自衛隊体育学校所属。
最終階級は2等陸尉。
中央大学経済学部卒。
軌跡 須賀川市立第一中学校を経て福島県立須賀川高等学校卒業後、1959年陸上自衛隊へ入隊。
郡山駐屯地に配属となり、同僚と二人で郡山自衛隊陸上部を立ち上げる。
次第に陸上競技の実績が認められ、自衛隊の管区対抗駅伝や、青森東京駅伝などに出場した。
一方、オーバーワークから腰椎のカリエスを持病として抱え、後年悩まされるようになる。
東京五輪への道 1962年(昭和37年)に、東京オリンピックに備えて前年発足した自衛隊体育学校がオリンピック候補育成のため、特別課程の隊員を募集した際には腰痛のため選考会に出られなかった。

  • 題名
    Two Doors Away
    歌手
    発売元
    トランジスターレコード
    発売日
    2012年10月13日
    新品価格
    ¥ 2,439 より
    中古商品
    ¥ 2,196 より

【つぶらやこうきち】 陸上競技長距離走選手。福島県出身。須賀川高校卒業後自衛隊に入隊,同体育学校で長距離選手としての才能を開花させる。1963年のニュージーランド遠征で2万mと1時間走に世界新記録を樹立し,その後マラソンに進出。1964年の東京オリンピックでは1万mで6位入賞,マラソンでは先頭のアベベに次いで国立競技場に姿を現したが,トラックの最終段階でイギリスのB.ヒートリーにかわされ,3秒差の3位となった。しかしその健闘ぶりに日本中が沸いた。オリンピック後,周囲からは次回メキシコシティーオリンピックでのメダル獲得を期待されたものの,腰痛や足の故障などで成績は振るわなかった。復調へのきっかけをつかめず自信を失った円谷は,メキシコシティーオリンピックが開かれる1968年の1月,〈父上様,母上様,幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません。何卒お許し下さい。気が休まる事なく……〉との遺書を残し,体育学校の自室で自らの命を絶った。→関連項目村社講平 (引用元 コトバンク)

「円谷幸吉」と関連する人物(故人)