芸能人・経営者のおくやみ情報

龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ)

戦国大名[日本]

(天正12年3月24日没)

1584年 5月4日 死去討死享年56歳

龍造寺隆信 - ウィキペディアより引用

龍造寺 隆信(りゅうぞうじ たかのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。
肥前の戦国大名。
“五州二島の太守”の称号を好んで用い、肥前の熊ともいわれた。
仏門にいた時期は中納言円月坊、還俗後初めは胤信(たねのぶ)を名乗る。
本姓は藤原氏を称した。
大友氏を破り、島津氏と並ぶ勢力を築き上げ、九州三強の一人として称されたが、島津・有馬氏の連合軍との戦い(沖田畷の戦い)で敗死した。
生涯 家督相続 享禄2年(1529年)2月15日、龍造寺家兼の孫に当たる龍造寺周家の長男として肥前佐嘉水ヶ江城東館天神屋敷で生まれる。
幼少期は宝琳院の大叔父・豪覚和尚の下に預けられて養育された。
天文14年(1545年)、祖父・龍造寺家純と父・龍造寺周家が、主君である少弐氏に対する謀反の嫌疑をかけられ、少弐氏重臣の馬場頼周によって誅殺される。
隆信は曽祖父の家兼に連れられて筑後の蒲池氏の下へ脱出した。
翌天文15年(1546年)、家兼は蒲池鑑盛の援助を受けて挙兵し、馬場頼周を討って龍造寺氏を再興するが、その一年後に家兼は高齢と病のために死去した。

りゅうぞうじたかのぶ [生]享禄2(1529).肥前[没]天正12(1584).3.24.肥前戦国時代の武将。周家の子。幼名,長法師。初名,隆胤。号,法雲院。幼い頃に出家して僧となったが,天文16(1547)年還俗して隆信と名のり,山城守を称し,初め大内義隆に属し,勢力を伸ばした。永禄2(59)年少弐氏を滅ぼして大友宗麟と対立した。以来大友氏と連年戦いを続け,天正3(75)年には肥前全域を平げ,さらに肥後に侵入,島津氏と対立するにいたった。この間有馬氏と結んだが,有馬氏はやがて島津氏に走り,同12年3月島津家久,有馬晴信と戦って敗れ自害した。 (引用元 コトバンク)

「龍造寺隆信」と関連する人物(故人)