訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

後桃園天皇

第118代天皇[日本]
(安永8年10月29日崩御)
1779年 12月6日 死去享年22歳
後桃園天皇 - ウィキペディアより引用
後桃園天皇(ごももぞのてんのう、宝暦8年7月2日(グレゴリオ暦1758年8月5日) - 安永8年10月29日(1779年12月6日))は、江戸時代の第118代天皇(在位:明和7年4月28日(1770年5月23日) - 安永8年11月9日(1779年12月16日))。
諱は英仁(ひでひと)。
なお、急逝による後継の準備のため、実際よりも後の日付で崩御が発表されており、在位日が崩御後も続いている(宮内庁所蔵「後桃園院御凶事前後記」)。
系譜 桃園天皇の第一皇子。
母は関白太政大臣一条兼香(かねか)の娘で桃園女御の恭礼門院・藤原富子。
同母弟に伏見宮貞行親王がいる。
女御:近衛維子(盛化門院)(1759-1783) 第一皇女:欣子内親王(光格天皇中宮)(1779-1846) 養子 兼仁親王(光格天皇、閑院宮典仁親王の第六王子)(1771-1840) 系図 明和5年2月19日(1768年4月6日)に立太子し、明和7年(1770年)伯母後桜町天皇の譲位を受けて即位。
題名
後桃園天皇実録
著者
藤井讓治
発売元
ゆまに書房
発売日
2006-10
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP