芸能人・経営者のおくやみ情報

桃園天皇

第116代天皇[日本]

(宝暦12年7月12日崩御)

1762年 8月31日 死去享年22歳

桃園天皇 - ウィキペディアより引用

桃園天皇(ももぞのてんのう、寛保元年2月29日(1741年4月14日) - 宝暦12年7月12日(1762年8月31日))は、江戸時代の第116代天皇(在位:延享4年5月2日(1747年6月9日)- 宝暦12年7月12日(1762年8月31日))。
幼名を八穂宮(やほのみや)または茶地宮(さちのみや)、諱を遐仁(とおひと)という。
系譜 桜町天皇の第一皇子で、生母は権大納言姉小路実武の娘で典侍の藤原定子(開明門院)。
父の嫡妻、二条舎子(青綺門院)の「実子」としてその御所で育てられた。
女御:一条富子(恭礼門院)(1743-1795) 第一皇子:英仁親王(後桃園天皇)(1758-1779) 第二皇子:伏見宮第十七代貞行親王(1760-1772) 系図 延享4年(1747年)立太子、同年、父桜町天皇の譲りを受けて即位。

寛保元年2月29日(1741年4月14日)〜宝暦12年7月12日(1762年8月31日) 日本の江戸時代の第116代天皇。諱は遐仁。桜町天皇の第一皇子。 延享4年5月2日(1747年6月9日)から宝暦12年7月12日(1762年8月31日)まで在位していた。 (引用元 Hatena Keyword)