訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

後陽成天皇(ごようぜいてんのう)

第107代天皇[日本]

(元和3年8月26日崩御)

1617年 9月25日 死去享年47歳

後陽成天皇 - ウィキペディアより引用
後陽成天皇(ごようぜいてんのう、元亀2年12月15日(1571年12月31日) - 元和3年8月26日(1617年9月25日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての第107代天皇(在位:天正14年11月7日(1586年12月17日) - 慶長16年3月27日(1611年5月9日))。
諱は初め和仁(かずひと)、慶長3年(1598年)12月に周仁(かたひと)と改めた。
天正14年(1586年)7月に正親町天皇の東宮であった誠仁親王が薨去し、皇孫に当たる和仁親王が同年11月7日に、皇祖父にあたる正親町天皇から譲位され受禅した。
後陽成天皇の在位期間は、ちょうど豊臣政権の天下統一と江戸幕府の開始にまたいでおり、前半と後半で天皇に対する扱いが変わっている。
豊臣秀吉は、支配の権威として関白、太閤の位を利用したために天皇を尊重し、その権威を高める必要があり、朝廷の威信回復に尽力した。
天正16年(1588年)に秀吉の演出した天皇の聚楽第行幸は盛大に行われた。
二十五箇条の覚書によれば文禄の役では秀吉が明を征服した暁には後陽成天皇を明の皇帝として北京に遷し、政仁親王か八条宮智仁親王を日本の天皇にしようとした。