芸能人・経営者のおくやみ情報

崇光天皇

北朝第3代天皇[日本]

(応永5年1月13日崩御)

(ユリウス暦) 1398年 1月31日 死去享年65歳

崇光天皇(すこうてんのう、建武元年4月22日(1334年5月25日) - 応永5年1月13日(1398年1月31日))は、南北朝時代の北朝第3代天皇(在位:正平3年10月27日(1348年11月18日) - 正平6年11月7日(1351年11月26日))。
諱を益仁(ますひと)といい、後に興仁(おきひと)と名乗った。
系譜 光厳天皇の第一皇子。
母は、陽禄門院(内大臣正親町三条公秀の娘秀子)。
典侍:庭田(源)資子(按察典侍) - 庭田重資女 第一皇子:栄仁親王(1351-1416) - 伏見宮家 第二皇子:興信法親王(1358-1391) 女御:安福殿女御 宮人:三条局 第一皇女:瑞宝女王 第三皇子:弘助法親王 系図 貞和3年(1348年)に立太子。

すこうてんのう [生]建武1(1334).4.22.京都[没]応永5(1398).1.13.京都北朝第3代の天皇(在位1349~51)。名は興仁(おきひと)。光厳天皇の皇子,母は正親町公秀の娘,陽禄門院藤原秀子。正平3=貞和4(48)年譲位を受けて翌年即位した。その頃足利方は内輪もめが激しく,足利直義は,兄尊氏と不和で南朝にくだったので,正平6=観応2(51)年尊氏,義詮は,やむなく南朝と和睦し,南朝の後村上天皇に降参した。そのため崇光天皇は退位し,太上天皇の尊号を受けた。正平12=延文2(57)年,賀名生から京都に帰って伏見殿に住し,元中9=明徳3(92)年出家した。陵墓は京都市伏見区桃山町泰長老の大光明寺陵。 (引用元 コトバンク)