芸能人・経営者のおくやみ情報

光厳天皇(こうごんてんのう)

北朝初代天皇[日本]

(貞治3年7月7日崩御)

(ユリウス暦) 1364年 8月5日 死去享年歳

光厳天皇 - ウィキペディアより引用

光厳天皇(こうごんてんのう 正和2年7月9日(1313年8月1日) - 正平19年7月7日(1364年8月5日))は、鎌倉時代末期の持明院統の天皇(在位:元弘元年9月20日(1331年10月22日) - 元弘3年5月25日(1333年7月7日))。
諱を量仁(かずひと)という。
後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に就いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇125代の内には含まれず、北朝初代として扱われている。
ただし、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。
系譜 持明院統の後伏見天皇の第三皇子。
母は女御寧子(左大臣西園寺公衡の娘、広義門院)。
叔父花園天皇の猶子となる。
妃:懽子内親王(宣政門院)(1315-1362) - 後醍醐天皇皇女 第二皇女(1335-?) 第三皇女:光子内親王(1337-?) 妃:寿子内親王(徽安門院)(1318-1358) - 花園天皇皇女 典侍:藤原(三条)秀子(陽禄門院)(1311-1352) - 正親町三条公秀女 第一皇女(1333-?) 第一皇子:興仁親王(崇光天皇)(1334-1398) 第二皇子:弥仁親王(後光厳天皇)(1338-1374) 皇女 後宮:藤原氏(今御方) - 西園寺実衡女 後宮:藤原氏(対御方) - 西園寺実明女 第四皇子:尊朝入道親王(1344-1378) - 仁和寺 皇女 後宮:藤原氏(一条局) - 正親町公蔭女 皇子:義仁親王(正親町宮)(?-1415) 後宮:藤原氏 - 大炊御門冬氏女 皇女(1331-1402) 生母不詳 皇女:華林恵厳(?-1386) - 尼五山筆頭景愛寺初代寺持、宝鏡寺開山 系図 両統迭立 光厳天皇(量仁親王)が生まれた時代には、鎌倉幕府の裁定で持明院統と大覚寺統から交互に天皇を立てていた(両統迭立)。

天皇(持明院統(北朝)) 花園天皇 → 光厳天皇 → 光明天皇 院号は光厳院。諱は量仁親王。退位し光厳上皇。出家し光厳法皇。 正和2年(1313年)7月9日〜貞治3年(1364年)7月7日。在位期間は元徳3年(1331年)9月20日〜正慶2年(1333年)5月25日。 実父は後伏見天皇だが義父は花園天皇。母は西園寺寧子(広義門院)。子に崇光天皇、後光厳天皇がいる。 院政史については、 →光厳院 後醍醐天皇が両統迭立を無効と主張したため先延ばしになっていたが、元弘の乱で後醍醐天皇が廃位にされたため光厳天皇が立てられる。しかし後醍醐天皇が三種の神器を持って逃げたため、平家追討中の後鳥羽天皇即位の故事にならい後伏見上皇の院宣をもとに践祚。後、後醍醐天皇が捕らえられると三種の神器も戻り正式に即位する。 在位中は後伏見院が院政を行っていた。 だが、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒すと光厳天皇の皇位を無効としそのまま廃されてしまった。 リスト: (引用元 Hatena Keyword)