芸能人・経営者のおくやみ情報

称光天皇

第101代天皇[日本]

(正長元年7月20日崩御)

(ユリウス暦) 1428年 8月30日 死去享年28歳

称光天皇 - ウィキペディアより引用
称光天皇(しょうこうてんのう、応永8年3月29日(1401年5月12日) - 正長元年7月20日(1428年8月30日); 在位: 応永19年8月29日(1412年10月5日) - 正長元年7月20日(1428年8月30日)は、室町時代の第101代天皇である。
諱ははじめ躬仁(みひと)、のち實仁(みひと)に改めた。
系譜 後小松天皇の第1皇子。
母は、権大納言日野資教の養女、光範門院・藤原資子(日野西資子。
実父は日野資国) 典侍:藤原(日野)光子(権大納言典侍) - 日野勝光女 内侍:源(五辻)朝子(新内侍) - 五辻朝仲女 皇女(1418-?) - 天皇は認知せず 内侍:藤原氏 - 高倉永藤女 宮人:藤原氏(伊予局・別当局) - 持明院基親女、正親町実秀猶子 皇女(1426-?) 宮人:鴨氏(紀伊局) - 鴨祐有女 系図 生涯 即位 応永18年(1411年)11月25日、親王宣下を受ける。