芸能人・経営者のおくやみ情報

後小松天皇(ごこまつてんのう)

第100代天皇、北朝第6代天皇[日本]

(永享5年10月20日崩御)

(ユリウス暦) 1433年 12月1日 死去享年57歳

後小松天皇 - ウィキペディアより引用
後小松天皇(ごこまつてんのう、天授3年6月27日(1377年8月1日) - 永享5年10月20日(1433年12月1日))は、室町時代北朝最後の第6代、歴代第100代の天皇(在位:弘和2年4月11日(1382年5月24日) - 応永19年8月29日(1412年10月5日))。
諱は幹仁(もとひと)。
系譜 後円融天皇の第1皇子。
母は内大臣三条公忠の娘、通陽門院藤原厳子。
また、風狂の禅僧一休宗純は後小松の落胤とも伝えられている。
女院:藤原(日野西)資子(光範門院)(1384-1440) - 日野西資国女、資教養女 第1皇子:実仁親王(称光天皇) - (1401-1428) 第2皇子:某(小川宮)(1404-1425) 第1皇女:理永女王(1406-1447) - 大聖寺門跡 猶子:彦仁王(後花園天皇) - 崇光天皇曾孫、伏見宮貞成親王王子 典侍:藤原(甘露寺)経子(大納言典侍) - 甘露寺兼長女 宮人:藤原氏 - 日野西資国女 宮人:源氏(小兵衛局) - 土岐宮内少輔某女 皇女(1412-?) 宮人:源氏 - 白川資忠女 宮人:藤原氏(南朝遺臣の女で、花山院家出身と伝える) 皇子:一休宗純(1394-1481) - 大徳寺。