訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

花園天皇(はなぞのてんのう)

第95代天皇[日本]

(正平3年11月11日崩御)

(ユリウス暦) 1348年 12月2日 死去享年52歳

花園天皇 - ウィキペディアより引用
花園天皇(はなぞのてんのう、永仁5年7月25日(1297年8月14日) - 正平3年11月11日(1348年12月2日))は鎌倉時代の第95代天皇(在位:延慶元年11月16日(1308年12月28日)- 文保2年2月26日(1318年3月29日))。
諱は富仁(とみひと)。
伏見天皇の第四皇子。
母は、左大臣洞院実雄の娘、顕親門院・洞院季子。
持明院統。
延慶元年(1308年)11月、大覚寺統の後二条天皇の崩御に伴い12歳で即位。
在位の前半は父の伏見上皇が、後半は兄の後伏見上皇が院政を敷いた。
文保2年(1318年)2月、大覚寺統の尊治親王(後醍醐天皇)に譲位。
譲位後は後醍醐天皇の皇太子となった甥の量仁親王(光厳天皇)の養育を行ったが、その一環として元徳2年(1330年)2月に親王を訓戒するために記した『誡太子書』(かい たいし しょ、宮内庁書陵部蔵)は、来るべき動乱の時代を予見した文章として名高い。