芸能人・経営者のおくやみ情報

後二条天皇(ごにじょうてんのう)

第94代天皇[日本]

(徳治3年8月25日崩御)

(ユリウス暦) 1308年 9月10日 死去享年24歳

後二条天皇 - ウィキペディアより引用

後二条天皇(ごにじょうてんのう、弘安8年2月2日(1285年3月9日) - 徳治3年8月25日(1308年9月10日))は、鎌倉時代の第94代天皇(在位:正安3年1月21日(1301年3月2日) - 徳治3年8月25日(1308年9月10日))。
諱は邦治(くにはる)。
後宇多天皇(大覚寺統)の第一皇子。
母は太政大臣堀川基具の養女、西華門院基子(実父は内大臣堀川具守)。
後醍醐天皇の異母兄にあたる。
弘安9年(1286年)10月25日に親王宣下を受け、永仁6年(1298年)6月27日、冷泉万里小路殿で元服。
同年8月10日に後伏見天皇(持明院統)の皇太子となる。
正安3年1月21日(1301年3月2日)、後伏見天皇の譲位を受けて践祚。
同年3月24日に即位。
徳治3年(1308年)8月に病を得て、同25日(9月10日)在位7年にして二条高倉皇居で崩御。
宝算24。
同27日、二条院の加後号として後二条院を追号された。
大覚寺統と持明院統との間で皇位継承をめぐる対立が続いていた時期に、邦治親王の立太子が実現した背景には、祖父・亀山法皇による幕府への強い働きかけがあった。

鎌倉時代後期の天皇。大覚寺統。諱は邦治(くにはる)。父は後宇多天皇。 伏見天皇、後伏見天皇と持明院統の皇位継承が続いていたが、ここにきて大覚寺統が巻き返し即位。 在位中は父上皇が院政を行っていた。しかし在位7年で崩御してしまう。 彼の遺児である邦良親王は父上皇の指名した皇統継承者であり、後醍醐天皇は当初中継ぎであるはずだった。 (引用元 Hatena Keyword)