訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

後宇多天皇(ごうだてんのう)

第91代天皇[日本]

(元亨4年6月25日崩御)

(ユリウス暦) 1324年 7月16日 死去享年58歳

後宇多天皇 - ウィキペディアより引用
後宇多天皇(ごうだてんのう、文永4年12月1日(1267年12月17日) - 元亨4年6月25日(1324年7月16日)は、鎌倉時代の第91代天皇(在位:文永11年1月26日(1274年3月6日) - 弘安10年10月21日(1287年11月27日 ))。
諱は世仁(よひと)。
文永4年(1267年)、亀山天皇の第二皇子として誕生する。
母は左大臣洞院実雄の娘、皇后佶子(京極院)。
祖父・後嵯峨上皇の意志により、文永5年(1268年)生後8か月で立太子。
文永11年(1274年)1月に亀山天皇から譲位を受けて8歳で践祚。
亀山上皇による院政が行われた。
治世中には、元・高麗軍による文永・弘安の両役、いわゆる元寇が発生した。
建治元年(1275年)、亀山上皇の血統(大覚寺統)に天皇が続くことを不満に思った後深草上皇(持明院統)が幕府に働きかけ、幕府の斡旋により、後深草上皇の皇子で2歳年上の熈仁親王(伏見天皇)を皇太子とする。