訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

後深草天皇(ごふかくさてんのう)

第89代天皇[日本]

(嘉元2年7月16日崩御)

(ユリウス暦) 1304年 8月17日 死去享年62歳

後深草天皇 - ウィキペディアより引用
後深草天皇(ごふかくさてんのう)は、鎌倉時代中期の第89代天皇(在位:寛元4年1月29日(1246年2月16日) - 正元元年11月26日(1260年1月9日))。
諱は久仁(ひさひと)。
後嵯峨天皇の皇子。
母は西園寺実氏女、中宮・西園寺姞子(大宮院)。
持明院統の祖。
父母が自身より弟の亀山天皇を寵愛し、亀山天皇を治天の君としたことに不満を抱き、やがて後深草系の持明院統と亀山系の大覚寺統との対立が生じる端緒となった。
寛元元年(1243年)6月、外祖父・太政大臣実氏の今出川邸第にて誕生、生後2ヶ月で立太子。
同4年(1246年)正月、後嵯峨天皇の譲位により4歳で即位。
在位中は後嵯峨上皇が院政が敷き、直接政務を見ることは無かった。
正元元年(1259年)に瘧病を患い、同11月、後嵯峨上皇の要請で、17歳で亀山天皇に譲位。
この間に、鎌倉幕府による朝廷への介入が進み院評定制が置かれ、院政もまた幕府の管理下に入った。
建長4年(1252年)には、後嵯峨上皇の皇子で異母兄の宗尊親王が将軍として鎌倉に迎え入れられている。