芸能人・経営者のおくやみ情報

後嵯峨天皇(ごさがてんのう)

第88代天皇[日本]

(文永9年2月17日崩御)

(ユリウス暦) 1272年 3月17日 死去享年53歳

後嵯峨天皇 - ウィキペディアより引用
後嵯峨天皇(ごさがてんのう、承久2年2月26日(1220年4月1日) - 文永9年2月17日(1272年3月17日))は、鎌倉時代の第88代天皇(在位:仁治3年1月20日(1242年2月21日) - 寛元4年1月29日(1246年2月16日))。
諱は邦仁(くにひと)。
土御門天皇の皇子。
母は、源通宗の娘、通子。
承久の乱の前年の誕生であり、土御門上皇が土佐に流された後は、母方の大叔父である中院通方・土御門定通の許で育った。
だが、土御門家一門の没落に伴って苦しい生活を送り、20歳を過ぎても出家も元服もままならないという中途半端な状態に置かれていた。
ところが仁治3年(1242年)に四条天皇が12歳で急死したため、皇位継承の問題が持ち上がった。
公卿や幕府などの思惑が絡んだため、問題は難航した。
九条道家ら有力な公卿たちは、順徳上皇の皇子である忠成王(仲恭天皇の異母弟)を擁立しようとした。
しかし執権北条泰時および現地六波羅探題の北条重時は、承久の乱の関係者の順徳上皇の皇子の擁立には反対の立場を示し、中立的立場であった土御門上皇の皇子の邦仁王を擁立しようとし、鶴岡八幡宮の御託宣があったとして邦仁王を擁立した(実は土御門定通の側室は重時の同母妹(竹殿)であったため、邦仁王と北条氏とは縁戚関係にあったという特殊な事情もあった)。