芸能人・経営者のおくやみ情報

四条天皇(しじょうてんのう)

第87代天皇[日本]

(仁治3年1月9日崩御)

(ユリウス暦) 1242年 2月10日 死去享年12歳

四条天皇 - ウィキペディアより引用

四条天皇(しじょうてんのう)は、鎌倉時代の第87代天皇(在位:貞永元年10月4日(1232年11月17日) - 仁治3年1月9日(1242年2月10日))。
諱は秀仁(みつひと)。
後堀河天皇の第一皇子。
母は、九条道家の娘、中宮・九条竴子(藻璧門院、竴は「立尊」)。
寛喜3年(1231年)2月12日に一条室町邸で誕生。
同年4月11日に親王となり、10月28日に後堀河天皇の皇太子に立てられる。
貞永元年(1232年)10月4日父天皇の譲位に伴って2歳で践祚、12月5日に即位。
仁治2年(1241年)1月5日に元服し、12月13日九条彦子を納れて女御としたが、翌仁治3年(1242年)1月9日不慮の事故が原因でにわかに崩御。
享年12。
同月19日に四条院と追号された。
12歳で崩御したため、皇子女はない。
天皇は幼少であり、初めは父である後堀河上皇が院政を敷いた。
だが、2年後に上皇が崩御したため、外祖父の九条道家とその舅の西園寺公経が事実上の政務を行っていた。
彗星に祟られるが、備中国宝福寺の鈍菴慧聡の祈祷により快癒し、同寺は勅願寺となる。

寛喜3年(1231年)2月12日生まれ、仁治3年(1242年)1月9日崩御。 第87代天皇。父は後堀河天皇。母は藻壁門院(そうへきもんいん)藤原竴子(そんし。「そん」は[立+尊])。 寛喜3年(1231年)10月28日に生後8か月で皇太子となり、貞永元年(1232年)10月4日、父である後堀河天皇から位を譲られ、数え年わずか2歳で第87代天皇として践祚。しばらくは父である後堀河上皇が院政を行い、外祖父である九条道家が後見人として実権を握っていた。 仁治3年(1242年)1月9日、12歳の若さで突然崩御。一説によると、御所の廊下に滑石の粉を撒いて女官が滑って転ぶのを見て楽しんでいるうちに、誤って自身が滑って転んで頭を打ち、打ち所が悪く崩御したという。 陵墓は月輪陵(京都市東山区今熊野)。同陵は泉涌寺にほど近い場所にあり、後水尾天皇以下江戸時代歴代の天皇も代々同陵に葬られている。 (引用元 Hatena Keyword)