芸能人・経営者のおくやみ情報

土御門天皇(つちみかどてんのう)

第83代天皇[日本]

(寛喜3年10月11日崩御)

(ユリウス暦) 1231年 11月6日 死去享年歳

土御門天皇 - ウィキペディアより引用

土御門天皇(つちみかどてんのう、建久6年12月2日(1196年12月23日) - 寛喜3年10月11日(1231年11月6日))は鎌倉時代の第83代天皇(在位:建久9年1月11日 (1198年2月18日) - 承元4年11月25日(1210年12月12日))。
諱は為仁(ためひと)。
後鳥羽天皇の第一皇子。
母は、源通親の養女(実は法勝寺執行法印能円の女)承明門院・源在子。
建久9年1月11日(1198年2月18日)、父・後鳥羽天皇の譲位により3歳で践祚。
立太子はしていなかった。
同年3月3日(4月10日)、即位。
事実上後鳥羽上皇による院政がしかれていた。
しかし、穏和な性格が幕府との関係上心許ないと見た後鳥羽上皇は、退位を迫り、承元4年11月25日(1210年12月12日)、異母弟の順徳天皇に譲位し、同年12月5日(12月22日)、上皇。
京都では、外祖父である源通親が別当として権力を掌握し、鎌倉では正治元年1月13日(1199年2月9日)に源頼朝が亡くなり、事実上北条時政による御家人政治が行われていた。

鎌倉時代前期の天皇。諱は為仁(ためひと)。父は後鳥羽天皇。 壇ノ浦合戦で草薙剣が水没してしまったため、代わりの剣を用いて即位。天皇時代は父・後鳥羽天皇が治天の君として治世していた。 承久の乱後、土御門上皇は乱には関わっていなかったとされるが本人の希望により土佐、阿波に流刑。鎌倉幕府は同じく流刑にした後鳥羽法皇、順徳上皇と異なり、土御門上皇には宮殿を与えるなど厚遇している。 幕府は「後鳥羽天皇系皇族の即位は認めない」としてきたが、後高倉上皇系最後の四条天皇が崩御すると土御門上皇の子・後嵯峨天皇が即位することとなる。 (引用元 Hatena Keyword)