芸能人・経営者のおくやみ情報

後鳥羽天皇(ごとばてんのう)

第82代天皇[日本]

(延応元年2月22日崩御)

(ユリウス暦) 1239年 3月28日 死去享年60歳

後鳥羽天皇 - ウィキペディアより引用

後鳥羽天皇(ごとばてんのう)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての第82代天皇(在位:寿永2年8月20日(1183年9月8日) - 建久9年1月11日(1198年2月18日))。
諱は尊成(たかひら・たかなり)。
高倉天皇の第四皇子。
母は、坊門信隆の娘・殖子(七条院)。
後白河天皇の孫で、安徳天皇の異母弟に当たる。
「神器なき即位」 寿永2年(1183年)7月25日、木曾義仲の軍が京都に迫ると、平家は安徳天皇と神鏡剣璽を奉じて西国に逃れた。
これに従わなかった後白河法皇と公卿の間では平家追討を行うべきか、それとも平和的な交渉によって天皇と神鏡剣璽を帰還させるかで意見が分かれた。
この過程で義仲や源頼朝への恩賞問題や政務の停滞を解消するために安徳天皇に代わる「新主践祚」問題が浮上していた。
8月に入ると、後白河法皇は神器無き新帝践祚と安徳天皇に期待を賭けるかを卜占に託した。
結果は後者であったが、既に平氏討伐のために新主践祚の意思を固めていた法皇は再度占わせて「吉凶半分」の結果を漸く得たという。

ごとばてんのう [生]治承4(1180).7.14.京都[没]延応1(1239).2.22.隠岐第82代の天皇(在位1183~98)。名は尊成(たかひら)。高倉天皇第4皇子。母は准后七条院藤原殖子(やすこ。坊門信隆の娘)。寿永2(83)年安徳天皇が平氏に擁されて都落ちしたのち,祖父後白河法皇の意向で皇嗣に選ばれ践祚。建久3(92)年法皇の崩御後は天皇親政とし,同9年為仁(土御門天皇)に譲位し,上皇として院政を行なった。この間親幕派九条兼実を退け,土御門通親を重用して幕府圧力の排除を企図し,一方西面の武士を新設して武力の充実に努めた。子順徳天皇らと討幕を計画し,承久の乱となったが,幕府に完敗して隠岐に流され同島で没した。初め顕徳院の諡号が贈られたが,怨霊出現の世評により,後鳥羽院と改称された。文武諸道に秀で,ことに和歌にすぐれて長者と仰がれ,歌会,歌合も盛んに催したが,千五百番歌合は最大のものとして名高い。また藤原定家らに『新古今和歌集』を撰せしめ,配流ののちもみずから撰を続け,『隠岐本新古今集』を完成した。日記に『後鳥羽天皇宸記』がある。陵墓は京都市左京区大原勝林院町の大原陵。島根県隠岐郡海士町に火葬塚がある。 (引用元 コトバンク)