訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

鳥羽天皇(とばてんのう)

第74代天皇[日本]

(保元元年7月2日崩御)

(ユリウス暦) 1156年 7月20日 死去享年歳

鳥羽天皇 - ウィキペディアより引用
鳥羽天皇(とばてんのう、旧字体:鳥羽、康和5年1月16日(1103年2月24日) - 保元元年7月2日(1156年7月20日))は平安時代後期の第74代天皇(在位嘉承2年7月19日(1107年8月9日) - 保安4年正月28日(1123年2月25日))。
諱は宗仁(むねひと)。
堀河天皇の皇子。
母は贈皇太后・藤原苡子。
子の崇徳天皇・近衛天皇・後白河天皇の3代28年に渡り院政を敷いた。
生後間もなく母・苡子が没し、祖父の白河法皇の下に引き取られて養育された。
誕生から7ヶ月で立太子され、父・堀河天皇の死後、5歳で即位する。
当然ながら幼い鳥羽天皇は政務を執る事ができず、また当時の摂関の藤原忠実は立場が弱く白河法皇の風下にあり、実際の政務は白河法皇が執った。
永久5年(1117年)、白河法皇の養女である藤原璋子(待賢門院)が入内、翌年には中宮となり5男2女を儲ける。
保安4年(1123年)1月23日、第一皇子・崇徳天皇に譲位、その後も実権は白河法皇が握り続けた。
父親の堀河天皇の在位中は、摂関家や天皇が実権を全て、あるいはある程度は握っていたが、このように鳥羽天皇の治世において白河院政が本格化した。