芸能人・経営者のおくやみ情報

堀河天皇(ほりかわてんのう)

第73代天皇[日本]

(嘉承2年7月19日崩御)

(ユリウス暦) 1107年 8月9日 死去享年歳

堀河天皇 - ウィキペディアより引用
堀河天皇(ほりかわてんのう、承暦3年7月9日(1079年8月8日) - 嘉承2年7月19日(1107年8月9日))は平安時代後期の第73代天皇(在位:応徳3年11月26日(1087年1月3日) - 嘉承2年7月19日(1107年8月9日))。
諱は善仁(たるひと)。
白河天皇の第二皇子、母は藤原師実の養女・中宮賢子。
准母に同母姉媞子内親王(郁芳門院)。
応徳3年(1086年)11月26日、立太子と同日に8歳で父白河天皇から譲位され即位した。
このような短期間での立太子・即位は、異母弟の輔仁親王に皇統が移ることを避けるための白河天皇の強い意向によるものだったという。
即位に伴い、義理の外祖父にあたる関白藤原師実が摂政となり実権を握り、摂関政治への回帰が見られた。
白河上皇は師実を信頼し、院庁の人事も師実の人選に任せており、一方の師実も白河上皇に摂関の任命権を委ねるなど、この時期には師実と上皇は協調関係にあり、白河上皇に院政を敷く意志は無かった。