訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

後朱雀天皇(ごすざくてんのう)

第69代天皇[日本]
(寛徳2年1月18日崩御)
後朱雀天皇(ごすざくてんのう、寛弘6年11月25日(1009年12月14日) - 寛徳2年1月18日(1045年2月7日))は、平安時代中期の第69代天皇(在位:長元9年4月17日(1036年5月15日) - 寛徳2年1月16日(1045年2月5日))。
諱は敦良(あつなが)。
一条天皇の第三皇子。
母は藤原道長女中宮彰子。
同母兄に後一条天皇。
後一条天皇の即位に伴い皇太子となった敦明親王が、寛仁元年(1017年)自ら皇太子を辞退したため、その後を受けて皇太子(皇太弟)となる。
同5年(1021年)道長の六女で叔母にあたる嬉子が東宮妃として入内、万寿2年(1025年)に待望の第一王子親仁(後冷泉天皇)が生まれるが、嬉子は産後の肥立ちが悪く2日後に急逝した。
その後道長の外孫で従姉妹の禎子内親王が入内し第二王子尊仁(後三条天皇)始め一男二女を出産、それとは対照的に兄後一条がついに皇子の誕生を見ぬまま崩御したため、その後を受けて即位した。
題名
後朱雀天皇実録 (天皇皇族実録)
著者
藤井讓治
発売元
ゆまに書房
発売日
2007-12
新品価格
¥ 35,289 より
中古商品
¥ 32,285 より

「後朱雀天皇」と関連する人物(故人)

昭和天皇 大正天皇 明治天皇 後醍醐天皇 孝明天皇 仁孝天皇 後白河天皇 推古天皇 天智天皇 白河天皇 安徳天皇 安康天皇 雄略天皇 清寧天皇 顕宗天皇 仁賢天皇 武烈天皇 継体天皇 安閑天皇 宣化天皇 欽明天皇 敏達天皇 用明天皇 崇峻天皇 舒明天皇 皇極天皇 孝徳天皇 弘文天皇 天武天皇 持統天皇 文武天皇 元明天皇 元正天皇 聖武天皇 孝謙天皇 淳仁天皇 光仁天皇 桓武天皇 平城天皇 嵯峨天皇 淳和天皇 仁明天皇 文徳天皇 清和天皇 陽成天皇 光孝天皇 宇多天皇 醍醐天皇 朱雀天皇 村上天皇 冷泉天皇 円融天皇 花山天皇 一条天皇 三条天皇 後一条天皇 後冷泉天皇 後三条天皇 堀河天皇 鳥羽天皇 崇徳天皇 近衛天皇 二条天皇 六条天皇 高倉天皇 後鳥羽天皇 土御門天皇 順徳天皇 仲恭天皇 後堀河天皇 四条天皇 後嵯峨天皇 後深草天皇 亀山天皇 後宇多天皇 伏見天皇 後伏見天皇 後二条天皇 花園天皇 後村上天皇 長慶天皇 後亀山天皇 後小松天皇 称光天皇 後花園天皇 光厳天皇 光明天皇 崇光天皇 後光厳天皇 後円融天皇 後土御門天皇 後柏原天皇 後奈良天皇 正親町天皇 後陽成天皇 後水尾天皇 明正天皇 後光明天皇 後西天皇 霊元天皇 東山天皇 中御門天皇 桜町天皇 桃園天皇 後桜町天皇 後桃園天皇 光格天皇

↑ PAGE TOP