芸能人・経営者のおくやみ情報

三条天皇(さんじょうてんのう)

第67代天皇[日本]

(寛仁元年5月9日崩御)

(ユリウス暦) 1017年 6月5日 死去享年42歳

三条天皇 - ウィキペディアより引用

三条天皇(さんじょうてんのう、天延4年1月3日(976年2月5日) - 寛仁元年5月9日(1017年6月5日))は第67代天皇。
諱は居貞(おきさだ / いやさだ)。
享年42。
在位は寛弘8年6月13日(1011年7月16日)から長和5年1月29日(1016年3月10日)まで。
冷泉天皇の第二皇子。
母は摂政太政大臣藤原兼家の長女・贈皇太后超子。
花山天皇の異母弟。
冷泉天皇の第二皇子。
冷泉天皇が弟・守平親王(円融天皇)に譲位してから7年後、天延4年(976年)に冷泉上皇と、女御藤原超子の間に生まれた。
その超子の父は当時正三位権大納言であった藤原兼家である。
七歳で母を失い、父帝・冷泉上皇は精神病を患っていたため、その後見は薄弱であった。
外祖父兼家に容姿が酷似し風格があったといい、兼家の鍾愛を受けて育ったことが『大鏡』に見える。
花山天皇の寛和2年(986年)6月23日、花山天皇は出家し懐仁親王(7歳・一条天皇)に譲位した。
一条天皇は円融上皇と女御藤原詮子(超子の同母妹)の子であり、居貞親王の従弟にあたる。

さんじょうてんのう [生]天延4(976).1.3.京都[没]寛仁1(1017).5.9.京都第67代の天皇(在位1011~16)。名は居貞(おきさだ)。冷泉天皇の第2皇子,母は太政大臣兼家の娘,贈皇太后藤原超子。寛弘8(11)年即位。藤原氏の全盛時代で,道長が左大臣として権勢をふるった。天皇は東宮のとき大納言藤原済時の娘娍子(せいし)と道長の娘妍子(けんし)の2妃があり,践祚後,娍子に立后の意志があったにもかかわらず,道長をはばかり妍子を皇后に,娍子を中宮に立てた。道長は済時に太政大臣を追贈することを奏して娍子を皇后に立てたが,皇位継承問題が起ると,外孫の一条天皇第2皇子敦成親王(のちの後一条天皇)の擁立を強く主張した。そこで天皇は娍子所生の第1皇子敦明親王を皇太子にすることを条件にその言を入れ,在位4年半の長和5(1016)年1月譲位した。陵墓は京都市北区衣笠西尊上院町の北山陵。 (引用元 コトバンク)