訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

円融天皇(えんゆうてんのう)

第64代天皇[日本]

(正暦2年2月12日崩御)

(ユリウス暦) 0991年 3月1日 死去享年歳

円融天皇 - ウィキペディアより引用
円融天皇(えんゆうてんのう、天徳3年3月2日(959年4月12日) - 正暦2年2月12日(991年3月1日); 在位:安和2年9月23日(969年11月5日) - 永観2年8月27日(984年9月24日))は、第64代天皇。
諱は守平(もりひら)。
村上天皇の第五皇子で、母は右大臣藤原師輔の娘・中宮安子。
冷泉天皇の同母弟。
村上天皇の第五皇子、中宮安子所生の3番目の皇子として誕生する。
冷泉天皇・為平親王の2人の同母兄のほか、4人の同母姉妹がおり、特にすぐ上の同母姉資子内親王と仲がよく、即位後に資子内親王を一品准三后とした。
応和4年(964年)、幼くして母・安子を亡くす。
兄である冷泉天皇即位後、3ヶ月余りにわたる皇太子の空位の後、康保4年(967年)9月1日、9歳にして、同母兄の為平親王を飛び越えて立太子。
これは為平親王が源高明の娘を妃にしていたため、これを警戒した藤原氏の意を受けたものと考えられている。
安和2年(969年)安和の変で源高明が失脚すると、その5ヶ月後冷泉天皇の譲位を受けて即位する。