訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

冷泉天皇(れいぜいてんのう)

第63代天皇[日本]

(寛弘8年10月24日崩御)

(ユリウス暦) 1011年 11月21日 死去享年62歳

冷泉天皇(れいぜいてんのう、天暦4年5月24日(950年6月12日)- 寛弘8年10月24日(1011年11月21日)、在位:康保4年10月11日(967年11月15日) - 安和2年8月13日(969年9月27日))は、日本(平安時代中期)の第63代天皇。
村上天皇の第二皇子で、諱は憲平(のりひら)。
母は藤原師輔の娘・中宮安子。
円融天皇の同母兄。
第二皇子であったが、異母兄の広平親王を押しのけて、生後間もなく立太子。
時の権力者である藤原実頼・師輔の兄弟の力が働いていたと思われる。
康保4年(967年)、村上天皇の崩御を受けて18歳で即位。
この時初めて紫宸殿で即位式を行った。
精神に病があり皇太子の時代から問題になっていたことから、藤原実頼が関白についた。
同母弟の為平親王(村上天皇第四皇子)と、もうひとりの同母弟の守平親王(村上天皇第七皇子、後の円融天皇)の間で冷泉天皇の皇太子(皇太弟)をめぐって安和の変が起こった。