芸能人・経営者のおくやみ情報

村上天皇(むらかみてんのう)

第62代天皇[日本]

(康保4年5月25日崩御)

(ユリウス暦) 0967年 7月5日 死去享年42歳

村上天皇 - ウィキペディアより引用

村上天皇(むらかみてんのう、延長4年6月2日(926年7月14日) - 康保4年5月25日(967年7月5日))、は、平安時代中期の第62代天皇(在位:天慶9年4月28日(946年5月31日) - 康保4年5月25日(967年7月5日))。
諱は成明(なりあきら)。
第60代醍醐天皇の第十四皇子。
母は藤原基経の娘中宮穏子。
第61代朱雀天皇の同母弟。
第十四皇子ながら、母が中宮であるため重んじられ、誕生の同年11月親王宣下。
天慶3年(940年)2月、元服。
三品に叙され、上野太守、大宰帥を経る。
天慶7年(944年)4月22日に皇太子(皇太弟)となり、同9年4月20日に朱雀天皇の譲位により践祚、同月28日に即位。
先代に続いて天皇の外叔父藤原忠平が関白を務めたが、天暦3年(949年)に忠平が死去するとそれ以後は摂関を置かず、延喜時代とともに親政の典範とされた。
しかし実際には政治の実権は依然摂関家の藤原実頼・師輔兄弟にあり、初期には母の穏子や兄の朱雀上皇も後見を理由に政治に関与しようとしたため、彼の親政は名目にすぎなかった。

むらかみてんのう [生]延長4(926).6.2.京都[没]康保4(967).5.25.京都第62代の天皇(在位946~967)。醍醐天皇の第14皇子。母は太政大臣藤原基経の女,中宮穏子。名,成明。天慶7(944)年皇太弟となり,同9年即位し,藤原忠平没後は摂関をおかず親政を行い,天暦8(954)年には諸臣に勅して,奢侈を禁じ,売官を停止させた。また鴻臚館を存置するなど菅原文時の意見封事を用いたり,貧民救済を急務とし,常平所を設置し,乾元大宝を鋳造するなどの治績をあげた。また文学を好み,琵琶に長じた。そのため,和歌所が設置され,『後撰和歌集』が成り,詩合,歌合(天徳歌合)などが催され,多くの文人が輩出した。このような治績や文運の隆昌から,のちに「天暦の治」(→延喜・天暦の治)と称された。しかし実際には律令体制は解体の途上にあり,地方政治の紊乱,盗賊の横行,悪疫の流行,水旱の災があり,急速に摂関政治の時代へと移っていった。日記に『村上天皇御記』(『天暦御記』ともいう)がある。陵墓は京都市右京区鳴滝宇多野谷の村上陵。 (引用元 コトバンク)