芸能人・経営者のおくやみ情報

朱雀天皇(すざくてんのう)

第61代天皇[日本]

(天暦6年8月15日崩御)

(ユリウス暦) 0952年 9月6日 死去享年30歳

朱雀天皇(すざくてんのう、延長元年7月24日(923年9月7日) - 天暦6年8月15日(952年9月6日)、在位:延長8年11月22日(930年12月14日) - 天慶9年4月13日(946年5月16日))は第61代天皇。
諱は寛明(ゆたあきら)。
第60代醍醐天皇の第十一皇子。
母は藤原基経の娘、中宮藤原穏子。
延長4年(926年)、東宮となる。
立太子の背景には、兄保明親王とその子慶頼王の二代にわたる東宮の夭折があり、母后穏子は怨霊を恐れて、寛明親王を3歳になるまで幾重にも張られた几帳の中で育てたという。
延長8年(930年)醍醐天皇の崩御を受け同年9月の践祚後、11月に8歳で即位。
政治は、伯父忠平が摂関として取り仕切っていた。
治世中の承平5年(935年)2月、平将門が関東で反乱を起こし、次いで翌年には瀬戸内海で藤原純友が乱を起こした(承平天慶の乱)。
朝廷は懐柔策を試みたがうまくいかず、天慶3年(940年)、藤原忠文を征東大将軍に任命して将門征伐軍を送り、藤原秀郷の手により将門は討たれた。