芸能人・経営者のおくやみ情報

醍醐天皇(だいごてんのう)

第60代天皇[日本]

(延長8年9月29日崩御)

(ユリウス暦) 0930年 10月23日 死去享年46歳

醍醐天皇 - ウィキペディアより引用
醍醐天皇(だいごてんのう、元慶9年1月18日(885年2月6日)- 延長8年9月29日(930年10月23日))は、平安時代の第60代天皇(在位:寛平9年7月13日(897年8月14日)- 延長8年9月22日(930年10月16日))。
臣籍の身分として生まれた唯一の天皇で、はじめ源 維城(みなもと の これざね)といった。
のち父の即位とともに皇族に列し親王宣下ののちに敦仁(あつぎみ・あつひと)に改めた。
宇多天皇の第一皇子。
母は内大臣藤原高藤の女藤原胤子。
養母は藤原温子(関白太政大臣基経の女)。
元慶9年(885年)1月18日、臣籍に降下していた源定省の長男・源維城として生まれる。
仁和3年(887年)、父の皇籍復帰と即位(宇多天皇)に伴い、皇族に列することになった。
寛平元年12月28日(890年1月22日)親王宣下、同2年12月17日(891年1月30日)に敦仁に改名。
同5年(893年)4月2日立太子。
同9年(897年)7月3日に元服すると同日践祚、同月13日に即位。
父帝の訓示「寛平御遺誡」を受けて藤原時平・菅原道真を左右大臣とし、政務を任せる。