訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

清和天皇(せいわてんのう)

第56代天皇[日本]

(元慶4年12月4日崩御)

(ユリウス暦) 0881年 1月7日 死去享年歳

清和天皇 - ウィキペディアより引用
清和天皇(せいわてんのう、嘉祥3年3月25日(850年5月10日) - 元慶4年12月4日(881年1月7日))は、平安時代前期の第56代天皇。
在位は天安2年11月7日(858年12月15日) - 貞観18年11月29日(876年12月18日)。
諱は惟仁(これひと)。
後世、武門の棟梁となる清和源氏の祖。
文徳天皇の第四皇子。
母は太政大臣藤原良房の娘、女御明子。
父・文徳天皇が践祚して4日目に生まれる。
第四皇子であり、異母兄に惟喬・惟条・惟彦親王がいたが、 外祖父藤原良房の後見の元、3人の兄を退けて生後8か月で皇太子となる。
天安2年(858年)、文徳天皇の崩御に伴い、わずか9歳で即位した。
病床の文徳天皇は皇太子が幼少であることを危惧し、6歳年長の惟喬親王に中継ぎとして皇位を継承させようとしたが、実現しなかった。
幼少の為、良房が外戚として政治の実権を握った。
貞観8年(866年)には伴善男らによるものとされる応天門炎上事件(応天門の変)が発生した。
善男を信頼していた天皇は、事件を解決した良房に遠慮する形で既に貞観6年(864年)に元服していたにも関わらず、良房を正式に摂政に任命した。