芸能人・経営者のおくやみ情報

文徳天皇

第55代天皇[日本]

(天安2年8月27日崩御)

(ユリウス暦) 0858年 10月7日 死去享年歳

文徳天皇 - ウィキペディアより引用

文徳天皇(もんとくてんのう、天長4年8月(827年) - 天安2年8月27日(858年10月7日))は、平安時代前期の第55代天皇(在位:嘉祥3年3月19日(850年5月8日) - 天安2年8月27日(858年10月7日))。
諱は道康(みちやす)。
田邑帝とも。
仁明天皇の第一皇子。
母は左大臣藤原冬嗣の娘、皇太后順子。
承和9年(842年)、承和の変で皇太子恒貞親王が廃されると、変の解決に功のあった伯父藤原良房にも推されて代わりに立太子し、嘉祥3年(850年)3月19日仁明天皇の譲位により践祚。
こうした経緯も含め、藤原良房は仁明朝期頃から次第に権勢を強めた。
文徳天皇が東宮の頃に、良房の娘・明子(あきらけいこ)が入内しており、ちょうど天皇即位の年の3月に第四皇子(惟仁親王、のちの清和天皇)を産んだ。
惟仁親王は11月に、生後8か月で3人の兄を押しのけ立太子した。
天皇は更衣・紀静子所生の第一皇子惟喬親王を鍾愛し期待したが、良房の圧力で惟仁を皇太子とせざるを得なかった。

第55代天皇。諱は道康。 仁明天皇の第一皇子。母は藤原冬嗣の女順子。 (引用元 Hatena Keyword)