芸能人・経営者のおくやみ情報

仁明天皇

第54代天皇[日本]

(嘉祥3年3月21日崩御)

(ユリウス暦) 0850年 5月6日 死去享年歳

仁明天皇 - ウィキペディアより引用
仁明天皇(にんみょうてんのう、弘仁元年(810年) - 嘉祥3年3月21日(850年5月6日)、在位:天長10年3月6日(833年3月30日) - 嘉祥3年3月19日(850年5月4日))は、平安時代初期の第54代天皇。
諱は正良(まさら)。
嵯峨天皇の第二皇子。
母は橘清友の娘、皇后橘嘉智子(檀林皇后)。
天長10年(833年)3月6日、叔父に当たる淳和天皇の譲りを受けて即位。
当初、淳和天皇の皇子恒貞親王を皇太子に立てたが、承和9年(842年)の承和の変により、恒貞は廃せられ、代わりに仁明天皇の第一皇子道康親王(文徳天皇)が立太子した。
これには自らの息子に皇位を継がせたい帝の意思と、それを利用して甥である道康を立太子させたい藤原良房の陰謀があったと言われている。
承和10年(843年)、文室宮田麻呂が謀反を企てているとの告発を受け、宮田麻呂一族を流罪に処した。
この件の遠因は諸説あるが、承和の変の影響であるとも、良房ら藤原北家が貿易利権を独占したいとの思惑の中、同じく貿易に関与している宮田麻呂を排除した、などの説がある。