芸能人・経営者のおくやみ情報

淳和天皇

第53代天皇[日本]

(承和7年5月8日崩御)

(ユリウス暦) 0840年 6月11日 死去享年歳

淳和天皇(じゅんなてんのう、延暦5年(786年) - 承和7年5月8日(840年6月11日)、在位:弘仁14年4月27日(823年6月9日) - 天長10年2月28日(833年3月22日))は、平安時代初期の第53代天皇。
西院帝ともいう。
諱は大伴(おおとも)。
桓武天皇の第七皇子。
母は、藤原百川の娘・旅子。
平城天皇、嵯峨天皇は異母兄。
2歳にして生母を失ったために、これを哀れんだ桓武天皇は有能な女官であった文室与伎の妻・平田孫王に親王の母代わりとして育成させたという。
延暦17年(798年)4月に元服し、三品兵部卿となる。
その後、大同元年(806年)治部卿、大同三年(808年)中務卿 となる。
弘仁元年9月13日(810年10月14日)、薬子の変後に廃太子された高岳親王(平城天皇の子)に代わって立太子した。
弘仁14年4月27日(823年6月9日)、即位。
これに伴い、大伴氏が伴氏と改姓している。
天皇の御名と同姓なのは畏れ多いと大伴氏が判断したからだといわれている。
天長10年2月28日(833年3月22日)、仁明天皇に譲位し退位。