訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

平城天皇

第51代天皇[日本]

(弘仁15年7月7日崩御)

(ユリウス暦) 0824年 8月5日 死去享年歳

平城天皇(へいぜいてんのう、宝亀5年8月15日(774年9月25日) - 弘仁15年7月7日(824年8月5日))は第51代天皇(在位:延暦25年3月17日(806年4月9日) - 大同4年4月1日(809年5月18日))。
小殿(おて)親王、後に安殿親王(あてのみこ)。
桓武天皇の第1皇子。
母は皇后・藤原乙牟漏。
同母弟に嵯峨天皇。
延暦4年11月25日(785年12月31日)、叔父の早良親王に代わり立太子される。
だが、病弱であった上に父天皇との関係も微妙であり、『日本後紀』によれば、延暦12年(793年)に春宮坊帯刀舎人が殺害された事件の背景に皇太子がいたと噂されたことや、同24年(805年)に一時重態であった天皇が一時的に回復したために皇太子に対して参内を命じたのにもかかわらず参内せず、藤原緒嗣に催促されて漸く参内したことなどが記されている。