芸能人・経営者のおくやみ情報

桓武天皇(かんむてんのう)

第50代天皇[日本]

(延暦25年3月17日崩御)

(ユリウス暦) 0806年 4月9日 死去享年歳

桓武天皇 - ウィキペディアより引用

桓武天皇(かんむてんのう、天平9年(737年) - 延暦25年3月17日(806年4月9日))は、日本の第50代天皇(在位:天応元年4月3日(781年4月30日) - 延暦25年3月17日(806年4月9日))。
白壁王(後の光仁天皇)の第1王子として天平9年(737年)に産まれた。
生母は百済系渡来人氏族の和氏の出身である高野新笠。
当初は皇族としてではなく官僚としての出世が望まれて大学頭や侍従に任じられた(光仁天皇即位以前は山部王と称された)。
父王の即位後は親王宣下と共に四品が授けられ、後に中務卿に任じられたものの、生母の出自が低かったため立太子は予想されていなかった。
しかし、藤原氏などを巻き込んだ政争により、異母弟の皇太子他戸親王の母である皇后井上内親王が宝亀3年3月2日(772年4月9日)に、他戸親王が同年5月27日(7月2日)に相次いで突如廃されたために、翌4年1月2日(773年1月29日)に皇太子とされた。

かんむてんのう [生]天平9(737).京都[没]大同1(806).3.17.京都第50代の天皇(在位781~806)。名は日本根子皇統弥照尊(やまとねこすめろぎいやてりのみこと)。山部親王。光仁天皇の第1皇子であったが,母が渡来人の出の高野新笠だったため皇太子となれなかった。皇太子の他戸親王(おさべしんのう)が廃されて,皇位についたときはすでに45歳であった。奈良時代の仏教政治の弊を除くため,僧の不法を取り締まり,最澄や空海を起用して新仏教を興させた。律令政治(→律令制)に改良を加えてその実行を励まし,ことに地方政治に意を注ぎ,また延暦13(794)年平安京を開き,奥羽の蝦夷平定のため坂上田村麻呂を将軍として3回遠征させた。在位24年11ヵ月。陵墓は京都市伏見区桃山町の柏原陵(かしわばらのみささぎ)。 (引用元 コトバンク)