訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

元正天皇

第44代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0748年 5月22日 死去享年歳

元正天皇 - ウィキペディアより引用
元正天皇(げんしょうてんのう、天武天皇9年(680年) - 天平20年4月21日(748年5月22日))は日本(奈良時代)の第44代天皇。
女帝(在位:霊亀元年9月2日(715年10月3日) - 養老8年2月4日(724年3月3日))。
父は天武天皇と持統天皇の子である草壁皇子、母は元明天皇。
文武天皇の姉。
諱は氷高(ひたか)・日高、又は新家(にいのみ)。
和風諱号は日本根子高瑞浄足姫天皇(やまとねこたまみずきよたらしひめのすめらみこと)である。
日本の女帝としては5人目であるが、それまでの女帝が皇后や皇太子妃であったのに対し、結婚経験は無く、独身で即位した初めての女性天皇である。
天武天皇の皇太子であった草壁皇子の長女として生まれる。
母は阿閉皇女(のちの元明天皇)。
天皇の嫡孫女として重んじられたようで、天武天皇11年(682年)8月28日に、日高皇女の病により、罪人198人が恩赦された。
翌天武天皇12年(683年)、3歳下の同母弟・珂瑠(のちの文武天皇)が誕生。
父・草壁皇子は即位に到らず持統天皇3年(689年)に薨去し、祖母・持統天皇の即位の後、同母弟・珂瑠皇子が文武天皇元年(697年)に持統天皇から譲位されて天皇の位に即いた。