芸能人・経営者のおくやみ情報

持統天皇

第41代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0703年 1月13日 死去享年歳

持統天皇 - ウィキペディアより引用

持統天皇(じとうてんのう、大化元年(645年) - 大宝2年12月22日(703年1月13日))は、日本の第41代天皇。
実際に治世を遂行した女帝である(称制:朱鳥元年9月9日(686年10月1日)、在位:持統天皇4年1月1日(690年2月14日) - 持統天皇11年8月1日(697年8月22日))。
諱は鸕野讚良(うののさらら、うののささら)。
和風諡号は2つあり、『続日本紀』の大宝3年(703年)12月17日の火葬の際の「大倭根子天之廣野日女尊」(おほやまとねこあめのひろのひめのみこと)と、『日本書紀』の養老4年(720年)に代々の天皇とともに諡された「高天原廣野姫天皇」(たかまのはらひろのひめのすめらみこと)がある(なお『日本書紀』において「高天原」が記述されるのは冒頭の第4の一書とこの箇所のみである)。

じとうてんのう [生]大化1(645)[没]大宝2(702).12.22.大和第41代の天皇,女帝(在位690~697)。名は高天原広野姫尊(たかまのはらひろぬひめのみこと),幼名はう野讃良(うののさらら)。天智天皇の第2皇女,母は蘇我遠智娘(おちのいらつめ)。斉明3(657)年大海人皇子(→天武天皇)の妃となり,皇子に従って吉野に入り,壬申の乱にあたっても皇子と行動をともにした。天武2(673)年2月大海人皇子の即位とともに皇后となった。皇居を飛鳥浄御原宮という。朱鳥1(686)年天武天皇崩御後朝政をとった。持統3(689)年4月皇太子草壁皇子が死亡したため,同4年正月即位し,長庶子高市(たけち)皇子を太政大臣とした。同8年12月藤原宮に遷御し,同10年に高市皇子が死亡すると,翌年2月草壁皇子の子軽皇子を皇太子として,同8月位を譲り,太上天皇と称した。これは太上天皇号の初めである。『日本書紀』によると,沈着で度量が大きく礼にかない,母親としての徳もあり,仏教に対しても熱心で歌をよくした,とある。陵墓は奈良県高市郡明日香村の檜隈大内陵。 (引用元 コトバンク)