芸能人・経営者のおくやみ情報

天武天皇

第40代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0686年 10月1日 死去享年歳

天武天皇 - ウィキペディアより引用

天武天皇(てんむてんのう、生年不明 - 朱鳥元年9月9日(686年10月1日))は、7世紀後半の日本の天皇である。
在位は天武天皇2年2月27日(673年3月20日)から朱鳥元年9月9日(686年10月1日))。
『皇統譜』が定める代数では第40代になる。
舒明天皇と皇極天皇(斉明天皇)の子として生まれ、中大兄皇子(天智天皇)にとっては両親を同じくする弟にあたる。
皇后の鸕野讃良皇女は後に持統天皇となった。
天智天皇の死後、672年に壬申の乱で大友皇子(弘文天皇)を倒し、その翌年に即位した。
その治世は14年間、即位からは13年間にわたる。
飛鳥浄御原宮を造営し、その治世は続く持統天皇の時代とあわせて天武・持統朝などの言葉で一括されることが多い。
日本の統治機構、宗教、歴史、文化の原型が作られた重要な時代だが、持統天皇の統治は基本的に天武天皇の路線を引き継ぎ、完成させたもので、その発意は多く天武天皇に帰される。
文化的には白鳳文化の時代である。
天武天皇は、人事では皇族を要職につけて他氏族を下位におく皇親政治をとったが、自らは皇族にも掣肘されず、専制君主として君臨した。

てんむてんのう [生]?[没]朱鳥1(686).9.9.大和,飛鳥第40代の天皇(在位673~686)。生年は明らかでないが,舒明3(631)年説が有力である。名は大海人皇子(おおあまのおうじ)。舒明天皇の第3皇子。母は皇極(斉明)天皇。天智天皇の弟。大化改新およびそれに続く内政,外交上の大変革期に成長,天智7(668)年皇太子となり,兄天智天皇を助けたが,兄が崩御すると吉野に入り,弘文1(672)年兵をあげて大友皇子を自殺させ(→壬申の乱),翌年2月27日には飛鳥浄御原宮で即位,妃う野(うの)皇女(天智天皇皇女,のちの持統天皇)を皇后とした。皇権の安定化,改新事業の推進に努め,律令体制の強化,すなわち律令の改定,八色の姓(やくさのかばね)の創始,官位制の拡充,国史の撰修などを行なった。諡(おくりな)は天渟中原瀛真人天皇(あめのぬなはらおきのまひとのみこと)で,陵墓は奈良県高市郡明日香村の檜隈大内陵。 (引用元 コトバンク)