芸能人・経営者のおくやみ情報

皇極天皇

第35代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0661年 8月24日 死去享年歳

皇極天皇 - ウィキペディアより引用

皇極天皇(こうぎょくてんのう)、重祚して斉明天皇(さいめいてんのう;齊明天皇、推古天皇2年(594年) - 斉明天皇7年7月24日(661年8月24日))は、日本の第35代・第37代天皇。
在位期間は、皇極天皇として皇極天皇元年1月15日(642年2月19日) - 4年6月14日(645年7月12日)、斉明天皇として斉明天皇元年1月3日(655年2月14日) - 7年7月24日(661年8月24日)。
舒明天皇の皇后で、天智天皇・間人皇女(孝徳天皇の皇后)・天武天皇の母である。
推古天皇から一代おいて即位した女帝になる。
諱・諡号 諱は寶女王(たからのひめみこ、たからのおおきみ)、または宝皇女。
この諱の表記は一般化しているが、後世の尊称ともされる。
和風諡号は天豊財重日足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと)。
敏達天皇の皇子・押坂彦人大兄皇子の王子・茅渟王の第一王女。
母は吉備姫王。
はじめ高向王(用明天皇の孫、父は不詳)と結婚して、漢皇子を産んだ。
尚、この2人の詳細は不明。
後に舒明天皇2年1月12日(630年3月1日)、37歳で舒明天皇の皇后に立てられる。

第35代(642 - 645) 舒明天皇の皇后となり、中大兄皇子(天智天皇)、大海人皇子(天武天皇)を産んだ。 天皇没後、蘇我蝦夷の支持を受け即位した。このとき皇位継承権のある皇子としては、中大兄皇子、古人大兄皇子(舒明天皇と皇妃法堤郎媛の子)、山背大兄王がいた。 在位中は蘇我蝦夷、その子入鹿が国政を執った。 643年入鹿は山背大兄王を攻め、王は自殺した。 645年中大兄皇子が、中臣鎌足らと謀って蘇我氏を滅ぼした(大化の改新)ため、弟の孝徳天皇(軽皇子)に譲位したが、孝徳天皇が没すると重祚して斉明天皇となった。 この譲位、重祚とも我が国初である。 (引用元 Hatena Keyword)