芸能人・経営者のおくやみ情報

崇峻天皇

第32代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0592年 12月12日 死去暗殺享年歳

崇峻天皇(すしゅんてんのう、欽明天皇14年(553年?) - 崇峻天皇5年11月3日(ユリウス暦592年12月12日?))は、第32代天皇(在位:用明天皇2年8月2日(587年9月9日?) - 崇峻天皇5年11月3日(592年12月12日?))。
諱は泊瀬部(はつせべ)、即位前は泊瀬部皇子(はつせべのみこ)と称した。
『古事記』には長谷部若雀天皇(はつせべのわかささぎのすめらみこと)とある。
系譜 欽明天皇の第12皇子。
母は蘇我稲目の女・小姉君で、敏達天皇、用明天皇、推古天皇の異母弟にあたる。
妃:小手子(大伴糠手子の女) 蜂子皇子(波知乃子王、羽黒山の伝承では出羽三山開祖・能除大師と同一とされる) 錦代皇女(にしきてのひめみこ) 嬪:河上娘(蘇我馬子宿禰の女) 夫人:布都姫(ふつひめ、物部守屋の妹。
先代旧事本紀に拠る) 母不明 定世親王(さだよのしんのう、蜂子皇子の兄。
近江国中原氏の祖先だという) 即位 大臣の蘇我馬子によって推薦され即位した。
一方大連の物部守屋は、穴穂部皇子を即位させようとはかるが、穴穂部皇子は蘇我馬子によって逆に殺されてしまう。

すしゅんてんのう [生]?大和[没]崇峻5(592).11.3.大和第32代の天皇(在位587~592)。名は泊瀬部(はつせべ)。欽明天皇の第12皇子,母は蘇我稲目の娘,蘇我小姉君。用明天皇の崩御後,蘇我,物部の対立が激化,蘇我馬子は用明2(587)年,物部氏が立てようとしていた穴穂部皇子を殺し,豊御食炊屋姫尊(推古天皇)や群臣とともに泊瀬部皇子を即位させた。この月に大和倉梯(くらはし)柴垣宮に都した。馬子が大臣となり国政を左右したので,天皇は馬子を除こうとしたが,東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に暗殺された。陵墓は奈良県桜井市大字倉橋字金福寺跡の倉梯岡上陵。 (引用元 コトバンク)