芸能人・経営者のおくやみ情報

欽明天皇

第29代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0571年 5月24日 死去享年歳

欽明天皇 - ウィキペディアより引用

欽明天皇(きんめいてんのう、継体天皇3年(509年?) - 欽明天皇32年4月15日(571年5月24日?))は、第29代天皇(在位:宣化天皇4年12月5日(539年12月30日?) - 欽明天皇32年(571年?)4月15日)。
和風諡号は天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろにわのすめらみこと)。
別名、志帰嶋天皇・斯帰斯麻天皇(いずれも「しきしまのすめらみこと」と呼ぶ)。
この代に、百済より仏教が公伝し、任那が滅亡した。
和風諡号 天国押波流岐広庭天皇(あめくにおしはるきひろにわのすめらみこと) - 『古事記』 天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろにわのすめらみこと) - 『日本書紀』 阿米久爾意斯波留支比里爾波乃弥己等(あめくにおしはるきひろにわのみこと) - 『天寿国繍帳』 天國案春岐廣庭天皇 - 『元興寺伽藍縁起』 系譜 継体天皇の嫡子、母は手白香皇女(たしらかのひめみこ、仁賢天皇皇女) 皇后:石姫皇女(いしひめのひめみこ、宣化天皇皇女) 箭田珠勝大兄皇子(やたのたまかつのおおえのみこ、八田王) 渟中倉太珠敷尊(ぬなくらのふとたましきのみこと、敏達天皇・押坂彦人大兄皇子父) 笠縫皇女(かさぬいのひめみこ、狭田毛皇女) 妃:稚綾姫皇女(わかやひめのひめみこ、『古事記』に小石比賣命。

きんめいてんのう 第29代に数えられる天皇。名はアメクニオシハラキヒロニワノミコト。継体天皇の皇子。母は皇后手白香(たしらか)皇女。6世紀なかば在位。この欽明朝に百済の聖明王が仏像経論を献じた。公式にはこれが仏教の最初の渡来とされているが,崇仏に関し蘇我,物部両氏の対立があった。対外的には,朝鮮との関係が新羅の進出に伴ってふるわず,日本人出先官憲の不正,失政も手伝って,危機にあった任那は新羅の傘下に入り,任那日本府はついに滅ぼされた。天皇はこのことを遺憾とし,その回復を遺詔して薨去したといわれる。宣化天皇の皇女の石姫を皇后とし,大和磯城島金刺宮に都した。陵墓は奈良県高市郡明日香村の檜隈坂合陵。 (引用元 コトバンク)